FC2ブログ

姑にもの申す!

ダーリン実家へは、お母さんの安否確認のため月1~2で行く

(本心は年に1回くらいしか行きたくないが…)

で、週末土曜日に行って来た

毎回お母さんがしばらく困らないようにと

好物のヨーグルトやらなにやらと

煮物やらサラダを作り置きして行くので

結構大量の食料品を買い込んで行くが

一切お金を出して貰ったことがない!(;´Д`A ```

それが当たり前なのか・・・?

それにくわえ、隣近所に時々お世話になっているので

御礼の品やら、親戚が来た時の食事代とか持たせる土産物とか…

今年はダーリン実家関連だけで30万使っている

その間、今年2回目の入院の時、1万貰っただけ…

貰えただけマシなのか…?

それはまあ今は仕方ない

ダーリンが定年になったら

収入が三分の一にも四分の一にも減ると思うので

その時は日帰りで済まして、食べ物も作って持って行こうと思う

こっちだって生活がかかって来るんだし!

あ、今回のお話はそのうっぷんではないのでした…(;´Д`A ```

家の中で飼うことにした猫・トラのお話

どうやら、うんちの始末はしているようでひとまず安心

しかも、こたつの中でぬくぬく、もしくは台所のストーブの前でゴロゴロ

それはいいのだが、トラが敷いているマットがあまりに汚い

猫は自分のニオイのついた毛布とかがあると安心するらしいけど…

ダーリンが、こんな汚いのが家の中にあると貧相過ぎて居心地が悪いから

もっと良いやつを買ってくるからこれを捨てるなり洗濯しろとお母さんに言った

お母さんは

『これ、私が敷いとったシーツよ

もったいないやん、汚くないよ』

『いや!汚い!』

『どうせこの猫は野良やったんやから

ほんとはどうなってもいい猫たい

せやけど、もう歳やし誰も餌をくれんばい

仕方ないけんね、家の中にいれとるとよ

お金かける必要なか!

こんなのストーブに焼けれて死ねばいいのに』

最後の一言に私はカチンと来た

『おかあさん、なんてこと言うの!

バチ当たるよ!』

『なんでバチあたるん?』

『トラだって命があるのよ

それをストーブに焼かれて死ねばいいなんて!

トラだって好きで野良になったわけじゃない

トラの責任じゃない

死んで良いと言うのなら最初から餌をやらなければいい

ヘタに可愛そうとか言って飼う気もないのに

餌付けして近所から文句言われて家の中に入れたでしょ?

家の中に入れたからにはもう飼い猫よ

最後まで責任持って世話しなきゃダメでしょ?!』

『まあね~』 とお母さんは言ったが…

今回は、ノミ・ダニを駆除するフロントラインという液体の薬を

ネットで購入してそれをトラに注入(地肌に垂らすだけ)するのが目的

24時間くらいでノミやダニが体から離れるらしい

トラにフロントラインを使ってから翌日

毛を梳いてやってたらダニが転がり落ちた!

どうやら効いているらしい

そこで、トラを風呂に入れることをダーリンと相談

何しろ長年ずーっと野良だったので

クサイし汚い…(´Д`;)

一度はお風呂に入れたいと思っていた

浴槽にお湯を少し溜めてトラを洗うことにした

私が裸になって浴槽に待機しようとしたら…

浴槽が垢だかカビだらけで、ドロドロぬるぬる…( ̄▽ ̄;)!!

よくこんなお風呂に入れるよなー!

さすが掃除嫌いなお母さんだ(´Д`;)

いくら猫生一度もお湯につかったことのない野良を入れるにしても

こんな汚きゃ私が最初に浴槽に入るのがためらわれるじゃん…(>_<)

仕方ないので、裸のまま浴槽の掃除

なんで私がこんなことを…(T_T)

それから、ボディソープをたらしお湯を入れながらかき混ぜ

泡を作りトラを入れた

最初トラは何が起こったか分からずじっとしてたが

身体の泡を塗られた時点でジタバタし始めた

すかさずとにかく一通り必死に洗う私

(その際右の手のひらをトラに引っかかれ負傷!すぐに消毒!)

もがくトラを抑えるダーリン

二人で協力して悪戦苦闘で作業中

お母さんは

『あら~るこちゃん、この寒いのに何しよるとー?』

うるさいわいっ!ほっとけー!ヽ(`Д´)ノ

無責任なアンタのしりぬぐいしとんじゃー!ヽ(`Д´)ノ

やっとのことで、トラを洗いダーリンがドライヤーで乾かした

トラも放心状態でおとなしくドライヤーを浴びている

トラもびっくりしたことだろう

身体が濡れるなんてとんでもない事で

トラには死ぬ思いだったかもしれない

本当は病院に連れて行って注射とかすればいいんだけど…

お母さんはケチだしめんどくさがり屋だし

死んだってかまわない

そんなことにお金かけたくない

死んでくれた方がありがたいと言う


その言葉
そっくりそのまま返そうか?
お母さん!


ま、今までの外で寒さに凍え

雨露をしのいでいた頃から思えば

かなり生活環境が変わっただけでも

トラには幸せだと思うしかあるまい

申しわけないが、トラは私の猫ではない

だけど、トラが不憫なので面倒を見てるだけ

余計なお世話だとしてもね

実は思い余ってお母さんにもの申した事が

もうひとつある…

それは次回のお話しで~( ´ ▽ ` )ノ
スポンサーサイト



るこ
Posted byるこ