FC2ブログ

人生の転機

人生56年も生きていると、時々転機に出会う

前の離婚からもうじき10年ということは

お腹に悪性の腫瘍が出来て手術してから10年

最初ドクターのお話では

精検したところ良性だという事だったが

腫瘍を取り出して再精検したら

なんと悪性腫瘍であったと!Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

なんじゃ?そりゃ?と思ったけど癌は癌である…

そもそも、私は幼少期の小児がんから

時々あちこちに癌が再発したりするので特に驚きはしなかったけど…

ドクターが癌保険適用になるから

保険に入ってるなら申請出来るよと言うので

入っている癌保険に申請したところ

200万おりましたね~

ひゃっほう~

自分の体を痛めて手に入ったお金だ、有意義に使わなきゃ!

そこで、これは天が私に与えてくれたチャンスに違いないと

離婚に向けて準備することにしました

数年前からずーっと離婚を考えていたけれど

息子たちもまだ中高生だし今は出来ないと我慢してた

だけど

元夫は私の手術の日でさえ、出張で病室にも来なかったし

退院後も、家計のために働け!という人でした(-_-;)

癌だと知っても

大変だねという言葉のひとつもありませんでした

それどころか

入院費も、そんなお金はないから出せない

実家に出して貰えと言われました

ああ~私はこの人の家族ではないんだ~

この先このまま結婚を続けて幸せにはなれないよなー

虚しさは深まる一方でしたね…

そうだ!今がこの200万を使う時なんだ

15センチのお腹の傷の痛みに耐えながら

退院後たった2日で職場復帰しました

でも、やはり体調は元にはなかなか戻らず

結局仕事を辞めましたが・・・

子供たちも成人していたし

密かにアパートを探して、元旦那がいない間に

息子たちに手伝って貰って引っ越し

その2か月後離婚が成立しました

元夫は別れたくない、愛してると言って

分厚い手紙をよこしたけど

読まずに捨てました

本当に愛しているのなら、もっと態度で示せるはず

病の妻を労わることすら出来ない夫は要らない!

いまさら言い訳を聞いたところで

私の決意は変わりませんでしたね

息子たちには申し訳なかったけど

うすうすこうなると覚悟はしてたようでした

その時がやはりひとつの転機だったんだと思います

丁度色んな事がひとつに重なっていました

次男が二十歳になること

離婚準備のお金が出来たこと

離婚を勧めててくれたバツイチの友達に背中を押して貰ったこと

手術したことで、元夫の本心を確信したこと

離婚は片方だけが悪いわけではないと思うけれど

あの時、あのまま離婚しないでいたら

私はどうなっていたんだろう?

手術の時、大学病院だったので

他にもいろいろ検査したら

子宮頸がんの初期症状の軽度異形成であることも判明

貧血も酷かった…

きっと今頃はストレスで他の病気になっていたかも…

軽度異形成も今は問題なく体が悪いとこはありません

貧血もまったく問題なし♪

ダーリンと再婚出来たことで

精神的にも金銭的にも落ち着いて来たからでしょう

なので、バンドやってる息子にも

ダーリンの許可を得て援助したりしてます

元夫も趣味の音楽に没頭して

レアなお高いギターとか買ってるみたいだし

彼も自由に生きてるようです

あの時、転機をスルーしなくて本当に良かった

人生の中で一番劇的な過去10年間でした(^_^;)

ふと、思い出したので書いてみました~(^^ゞ






スポンサーサイト



るこ
Posted byるこ