FC2ブログ

もう定年後のお話?

あ~そういえば!って、昨日ダーリンが

会社のメールを私のスマホに転送してくれた。

人事部から 『クリエイティブライフセミナー』 なるお知らせ

今年は1960年生まれの社員とその妻を対象にした定年後どう過ごすか?

セカンドライフプランに関するセミナーだそうで。

しかも、兜町のとあるホテルで2日間!

2日もあるのー?(◎-◎;)!

要するに、退職金とか企業年金とかどういう形で受け取るか?とか

60歳定年後は再雇用を望むのか?とかでしょうね。

うちは、定年になったら福岡帰るんで

その場合は、福岡での再雇用を望むかもだけど…

今のとこは、もう再雇用は考えてなくて

定年までに少しでも株で利益を増やして

それで生計の足しにしようかなんて話合ってます(^_^;)

だって、時間はあるわけだし、研究熱心なダーリンと二人でやれば

不可能ではないと思うんです。

株で失敗する人は、身の丈に合った売買をしないからです。

信用取引とか、空売りといったリスクの高いことをするから…

昨日、ブログ村で女性の株投資家カテを見てたら

株を初めて1年のアラフォー主婦が、株に専念するため仕事も辞めて

毎日株にのめりこんで、1200万の損失をしたそうです( ̄▽ ̄;)!!

だんなさんの年収が600万…

億トレーダーを目指してたのに、あっと言う間の大損益…

この話はまだだんなさんにはしてないみたいで

なけなしの300万で損益を取り戻そうとしてるみたい…

この人は信用取引してたんですね…(;^ω^)

信用取引とは?

信用取引とは、現金や株式を担保として証券会社に預けることで、
その担保の約3倍という大きな金額の取引が可能となる株式取引です。


ただし

それにはリスクがもちろんあるのです!

<信用取引のルール>

(1) 6ヶ月以内に清算の義務があります。 

 「借りたものは返しましょう!」という、借金返済の原理です。
6ヶ月以内に返すことが原則です
信用取引はお金を借りているわけですから、
毎日金利が発生しています。
 
 

(2) 追い証※(おいしょう)が発生することがあります。

 追い証というのは、「追加で保証金(担保)が必要になること」です。
たとえば、信用取引で買っていた株が急激に下がったとします
持っている資金や株券を担保にできているうちはいいのですが、
株価が下がったことで大きな損失を抱えると
持っている資金では足らなくなることがあります。
追証に応じることができない場合は
証券会社が自動的に注文を出して決済してしまいます。

信用取引って、
借金でしょー?!( ̄▽ ̄;)!!
 


ダメダメ~!

素人は、借金までして株をやってはいけません!

生活費にも手をだしてはいけません!

それはギャンブルで身を亡ぼす典型的なことです!

現金で取引するのが一番です!

株は、余裕資金でやることが原則です。

私が心に固く誓ってることは

1.借金は絶対しない

2.欲張らない

これがマイルールです(^-^)
スポンサーサイト



るこ
Posted byるこ

Comments 4

There are no comments yet.

superhirokunn  

るこさん スゴイなぁ・・・
なんか別の世界の人みたいです。

外為とか興味あったんだけど時間がなくてそのまま。
結局なぁんにもしてません。
勉強熱心なトコ尊敬しちゃいます。

2015/08/09 (Sun) 07:40

るこ  

superhirokunnさん

いやいや~全然すごくないですよ~(^_^;)
だって
まだ株始めたばかりのひよっこですもん(^^;)
昼間仕事してる人には時間が合わなくて
デイトレードは無理だと思いますよ。
私は、暇だからできるんです(^^ゞ
こうとなったら、勉強するタイプみたいですね~私。
普段ゴロゴロしてるのにね~(^_^;)

2015/08/09 (Sun) 08:13

うまのじゅんこ  

中国経済が大変な事になっちゃって
ひっくり返ってる中国の人は、借金しながら株をしてた
人たちだそうですね。
信用...コワイ...ダメ、ゼッタイ....プルプル...
信用取引の細かい詳細、初めて知りました。
るこさんさすが!

2015/08/09 (Sun) 11:42

るこ  

うま子さん

そうそう~!
中国の人は信用取引が多かったみたいです。
さらにレバレッチをかけると
利益は倍・3倍と膨れるけど
同じだけ損益も膨れる…
怖い話です~!(◎-◎;)!
私は現金しか取引できない~!
怖すぎー!(>_<)

2015/08/09 (Sun) 13:53

[Bron-Broen] designed by Akira.

Copyright © アラカンライフの戯言 All Rights Reserved.